竹工房 和

~小美玉産の竹を使った京風竹工芸~

 

 

子どもの頃から「竹細工を作ってそれで生活したい」という夢があり、様々な逆境をはねのけ、京都で3年間修業をした職人がオープンした工房。店内にはところせましと多種多様な作品が並んでおり、気に入ったものを購入できる。これらの作品は京風で製作されており、結界や扇子立て、一輪挿しなど、東日本ではあまり見る事のないものも多い。

 

 

作品の展示販売だけでなく、竹工芸の体験も可能。コースや料金は決まっていないので、要連絡。竹トンボや竹馬、一輪挿しなど、作りたいものや人数を伝えれば、相談にのってくれる。

一輪挿し①

多種多様な一輪挿しが並んでました。

一輪挿し②

一輪挿しだけで、なんと20~30種類もあるとか。

一輪挿し③

竹ってカーブを描きながら切れるんですね。知らなかった・・・。

おススメ一輪挿し①

かまくらをイメージして作った一輪挿しだそうです。竹ひごがおしゃれ。

おススメ一輪挿し②

竹細工と中のガラスがぴったりマッチしてて綺麗ですねー。ガラスは福島県猪苗代のガラス館まで仕入にいったそうですよ。

オリジナル一輪挿し

置く場所によって形を変えられるオリジナルの可変型一輪挿し。組んだ竹ひごが幾何学模様みたいです。

おもちゃもたくさん

竹ぽっくりや飛行機の模型、竹トンボなど、昔ながらのおもちゃがたくさんありました。童心に帰りますね・・・。

季節商品

ミニ門松やお盆の花入れ、風鈴などの季節商品も豊富です。

取材に訪れた際には風鈴がたくさん吊るされていました(2017/6/23)

風が入ってくるととてもいい音がしました~。

扇子立て

京都ではよく見かける扇子立て。関東ではあまり見かけないかも?

カップ

工芸品だけでなく、日用品も豊富。カップだけでなく、茶筒や、箸、ひしゃく、etcetc・・・。

日用品

京都では名前入りの箸が、結婚式の引き出物に使われることがあるらしいですよ。欲しいなー、名前入りマイ箸。

京風の特徴

京風の特徴は竹の表面の美しいつや。

竹の下処理として、11月に伐採し寝かせ天日干ししたあと、1月ごろに「油抜き」という作業を行う。この油抜きに薬品を使わず、昔ながらの手法を用いるのが京風。これにより美しいつやが出る。ただし、下処理に1年から2年もかかるらしい。
所在地 小美玉市下玉里1552-1
電話番号 0299-58-0614
営業時間・定休日 不定休
駐車場 3~4台
クレジットカード利用 不可

お役立ち情報

  • 茨城空港の上手な使い方
  • 小美玉市のご紹介
  • 小美玉の歴史
  • おみたんの部屋
  • 会員情報
  • 観光マップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加