大宮神社

和銅年間(708~715年)の創建といわれている。祭神は鹿島神宮の神である武甕槌命で、昔は鹿島明神と言い、元禄九年(1696)に徳川光圀が巡視の時に大宮大明神と改め、明治になって「大宮神社」と改めた。拝殿は貞享元年(1684)の造営である。 辺り一帯は「大宮緑地環境保全地域」であり、スダジイ、タブノキ、ヤブツバキ等の常緑樹、ダイミョウセセリ等の自然林となっている。 神社の近くに「玉乃井跡」という井戸跡がある。ヤマトタケルが掘らせた井戸で、水が湧き出た際に「水のたまれるところ」と言い、「玉里」の地名の由来となったという伝説が残っている。
所在地 小美玉市上玉里1119
駐車場 なし(向かいの小美玉市役所に駐車可能)
その他備考等 拝観料 無料・拝観自由 トイレ なし

この場所の地図

お役立ち情報

  • 茨城空港の上手な使い方
  • 小美玉市のご紹介
  • 小美玉の歴史
  • おみたんの部屋
  • 会員情報
  • 観光マップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加