鹿島神社

かつては「馬場の宮」と呼ばれた、あたり一帯の総鎮守格の神社。長い参道を抜けると、珍しい陶製の狛犬が出迎えてくれる。大同二年(807年)の創建と伝えられる社殿は、天正年間に焼けてしまったが、慶長十七年(1612年)に再建され、明治十六年(1883年)に改築された。 かつては境内で流鏑馬の神事が行われており、神事の際は無言を課される特徴的な神事だった。
所在地 小美玉市下馬場530
駐車場 あり
その他備考等 拝観料 無料・拝観自由 トイレ なし

この場所の地図

お役立ち情報

  • 茨城空港の上手な使い方
  • 小美玉市のご紹介
  • 小美玉の歴史
  • おみたんの部屋
  • 会員情報
  • 観光マップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加