耳守神社

地元では「みみっちょ様」と呼ばれる、全国でもめずらしい耳の病に霊験があるといわれている神社。耳守の名は、平安時代の末期の、平繁盛の孫娘千代姫の耳の病気の伝説に由来しています。
「耳がよく通るように」と、竹筒の両端に紐を通した絵馬は、全国的に見ても非常に珍しく、県内外から参拝者や見学客が訪れます。なお、御朱印は参拝後、素鵞神社で受け取ることができます(有料)。

☆アクセス

JR石岡駅東口・3番乗り場「かしてつバス(関鉄グリーンバス)」に乗車し、「新木ノ内」バス停で下車、徒歩約20分(約1km)※案内看板有
所在地 小美玉市栗又四ヶ2051
電話番号 0299-58-0846(素鵞[そが]神社)
駐車場 なし(階段下に空き地有)
その他備考等 拝観料 無料・拝観自由 トイレ なし

この場所の地図

お役立ち情報

  • 茨城空港の上手な使い方
  • 小美玉市のご紹介
  • 小美玉の歴史
  • おみたんの部屋
  • 会員情報
  • 観光マップ